トトお嬢様の笑顔!  

大口…開けて…お笑いになるのは…

いかがなものデショ?



★ワイヤーフォックステリア

★12歳(3月19日生まれ)

★一見可愛いが…実は気が強い

★時々、想像妊娠しますが、独身

★『ぷりぷりけつマニア同盟』会員番号13番

★ワンワンセコム隊員 つくば地区担当 

★シッポをかむのだけはやめてチョ!   

★スパイ大作戦!

パラボラアンテナで情報収集中!


★ 『ぷりぷりけつマニア同盟』 ★

 
★ 会員番号 13番! ★

しばらくお休みしていましたが、復活!
元気が何より!

ボチボチ、日々の出来事をつづっていきます。


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
BLOG
<< ある晴れた日 | * main * | がんばる!かめちゃん! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


* - * - * - * *
ハタケシメジ
お昼休みにお散歩していると、きのこ博士にバッタリお会いしました。
この春、人事異動で別の部所に転勤されてしまいましたので…

以前のように


ポルチーニ情報が届かなくなりました!残念!

たまたま、「道明寺」をぶら下げていましたので、

「いいもの、あげます!」とプレゼントしたら、

「じゃあ、お返しに…」と…



ハタケシメジをもらいました!



ハタケシメジって?

【畑占地】[学名:Lyophyllum decastes (Fr.) Singer]

担子菌類マツタケキシメジ科の食用キノコ

普通、5〜20本、ときに数十本も固まって束生する。

形は
ホンシメジに似るが、傘の色や生態には差異がある。ハタケシメジの傘は径3〜12センチの丸山形、若いときは黒褐色ないし茶褐色だが、のち淡灰褐色ないし淡黄褐色になる。ひだは白、茎は表面が灰白色、肉は充実する。

ハタケシメジが地下に埋もれた木材から生える
死物寄生菌であるのに対し、ホンシメジはナラ類の根と菌根をつくって共生する菌根菌である。

ハタケシメジは、ときに地下1メートルの深さに埋もれた木材から長い
菌糸束を地上に伸ばしてキノコをつくる。

5〜10月に山地の路傍の草むら、都市の庭や家の軒先、ときには農家の
物置土間などに大きな塊をつくって生え、人を驚かせる。ホンシメジと同属の菌で味はよい。栽培は可能であるが、大量生産はまだできていない。

[ 執筆者:今関六也 ]

だそうです。
きのこ博士はいつも「なんか落ちてないかな〜」と下を向いて歩いています!

貴重なハタケシメジは夕食のスープのトッピングに一人ひとかさ、いただきました。
ジャキジャキした歯ごたえがありました。

その昔もらった「アミガサタケ」



きのこ博士 「食べられるよ!食べてもいいんだけどね、ぼくは食べないな。」

…じゃあ…食べません!!

これは何だっけ…



忘れました!


* つれづれ * comments(0) * trackbacks(0) * 06:51 *
スポンサーサイト

* - * - * - * 06:51 *









http://genkinahi.jugem.jp/trackback/284

RECOMMEND
PROFILE
★今日も良い日に

 なりますように
 


★メールはこちらに

入力してくださいね。

小さいけど、
ちゃんと届きます!
 
SEO / RSS


OTHERS
 
色々お好きなものを


ADS